ブログトップ

ようしゃんの日常(ニューバージョン)

yousyan.exblog.jp

チビは、中学生になりました。もうチビじゃないね。

<   2015年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

インフルエンザ流行中につき、学級閉鎖のクラスがあり、今月の読み聞かせは中止になってしまいました。
残念。
今回、読んでみようと思った本を紹介します。
「お化けの冬ごもり」川端誠さん作と 「おかしなゆきふしぎなこおり」片平孝さん写真、文。
です。

前者は、読み物、季節がら、こういう本も良いかな〜。妖怪ブームでもあるし?いや、ちょっとずれてるけど…。でも、楽しそうな本でした。これだったら、良いかなって。朝の時間に読むものなので、あまり暗いお話をもっていくことができずにいて…。

後者は、雪がこんな風にユニークに積もった様子や、氷のきれいなところを写真におさめた気象関係の写真集になります。でも、あまり雪の降ることのない地域なので、こういうのもおもしろいかなって、ぱらぱ
らと紹介してあげようって思ってました。
来月できたら、また、この本にしようかな。
あ、今回は、冬の絵本で検索してみて、見つけた本です。どちらも近隣の図書館の本ですが…。
[PR]
by 070812yousyan | 2015-01-29 08:39 | チビの本
さらに読書のつづきです。
6冊目竹本健治さん「汎虚学研究会」です。この本は、読みやすいかな〜。私にとって、この方の本にしてはってことなんですが…。以前に読んだ本がとても私には難解だったので…。また、この方の本も手に取ってみたいと思いました。

7冊目朱川湊人さんの「いっぺんさん」です。こちらは、私にしては珍しくホラーになるのかな〜。ホラーと言っても恐いだけでなく、読んだあとにちょっぴり切なくなったりして…。恐いだけだと読めないからね。これは良かったです。あ、お話としては、そんな不条理なってものもあるから、良かったっていうのも変な表現かな。

8冊目蒼井上鷹さん「幽霊が隣で聞いている」です。これは、う〜ん。私には視点がわかり難かったかもしれない。もう一回読んだ方が良いのかな〜。なんて思うけど、時間があるかな。

9冊目大倉崇裕さん「問題物件」です。この話は、現実離れしてるかもしれないっていう設定はおいといて、読みやすいです。気がつくとどんどん読み進めていってます。早かったです。

あと少しで、10冊だけど、10冊目は再読の本になりそうです。
[PR]
by 070812yousyan | 2015-01-19 15:14 | 読書
昨夜、5冊目読了しました。

4冊目 有栖川有栖さん「妃は船を沈める」
こちらは、文庫化された本を読んでます。何回目かな…。間に登場する不思議な雰囲気のお店がいいですね。こんなお店に一度くらい行ってみたいです…。
作中に登場するお話もこの本がきっかで、手に取ったと思うのですが…、あまり覚えていません。もう一度探してみようと思います。

5冊目、森博嗣さん「捩れや指揮の利鈍」
こちらは、初めて手に取りました。すごく年季の入った本を借りました。一度では、すこし???と思うところがあったので、時間があったら、また読みたいと思います。今、借りている本を全部読んだら、挑戦できるかな〜なんて考えてます。

今まで、再読の本が多かったから、これからもたくさんの新たな本に出会えると良いなって思います。
[PR]
by 070812yousyan | 2015-01-14 08:30 | 読書
更新しないまま、年も明けてしまいました。
昨年はあの時期から、コーラスでピアノの伴奏を1曲だけすることになっていて、1曲だけなのに、私自身が緊張したり、練習にバタバタとしたりとすごく落ち着きのない年末になってしまいました。

さらに、年が明けて、更新マメにしようかな〜なんて思っていたら、高熱!!だしてしまい。2日間寝込んでました。健康には気をつけて、今年は乗り切っていきたいと思います。

今年に入って、本は3冊読了しました。一冊目が有栖川有栖さんの「高原のフーダニット」です。これは、文庫化されたものを入手して読みました。寝ている最中も再読したりして、かれこれ3回読み通したかな〜。作中のアリスさんが苦手としている刑事さんが登場してるのですが、この方の意外な一面(いや、私が鈍かっただけか?)が発見できて、このキャラクターに愛着ではないですが、魅力を持ったりもしました。とても良かったです。

2冊目は「キウイγは時計仕掛け」です。森博嗣さんの本ですね。こちらは、昨年のドラマ「すべてがFになる」をみていて、この方の本を読もうと思いました。以前も読んだことはあったのですが、あまりにも難解だったような記憶があり、私には無理かもって思ったのですが…。再び手に取ってみるとおもしろいかもって思えるようになりました。きっと、みているところが変わったのかもしれません。

3冊目は辻真先さんの「宗谷 望郷列車殺人号」です。今更ながら、この方の本に最近凝ってます。手に取りやすく読みやすいですね。どんどん読みすすめられます。楽しい。また、この方の本もたくさん読んでいこうと考えてます。

では、また。
[PR]
by 070812yousyan | 2015-01-09 19:46 | 読書