ブログトップ

ようしゃんの日常(ニューバージョン)

yousyan.exblog.jp

チビは、中学生になりました。もうチビじゃないね。

さらに続き

読書の続きです。

10冊目太田忠司さん「百舌姫事件」これは、何回目かな〜。何度でも読める本ですが、だんだん読書ペースが遅くなるのかな〜。

11冊目三上延さん「ビブリア古書堂の事件手帖6」です。今回のテーマは太宰治さんの本。私は、あまり手に取らない本なんだけど…。こういう風に掘り下げていくと手に取ってみたいかもって思ってしまうかな???

12冊目天野頌子さんの「よろず占い処陰陽屋は混戦中」です。これは、続きがすごく気になる展開になっています。早く次ぎ読みたいな。(図書館の本なので、何人待ちなんだろう??)

13冊目東川篤哉さんの「殺意は必ず3度ある」です。これは、おもしろいですね。話のテンポが早くて、読み進めるのも早くなるし、会話がユニークで楽しめます。

14冊目北森鴻さんの「うさぎ幻化行」です。この方の遺作になるんですね。不思議な世界を漂うようなお話?かな〜。私には、不思議な感じで、あれ?って思ったところが多かったのですが…。

15冊目は大倉崇裕さんの「夏蕾」です。私は、この方の本を何冊か読んでましたが、山のお話は初、でした。山が好きでなくても読み進めて、世界にひきこまれるのですが、主人公についていけないかい感はあるかな?でも、すごく早く読み進めることができる本でした。

と、いうわけで、ここ何日か寝不足かも…。
[PR]
by 070812yousyan | 2015-02-03 15:40 | 読書